0.4カラット ダイヤネックレスの相場と選び方



彼女や奥様へのプレゼントに人気のあるのがダイヤネックレスです。

その中でも0.3カラットや0.5カラットは人気のある大きさすが、間の0.4カラットのダイヤネックレスに関しては、あまり人気がないように感じられます。

しかし調べたところによりますと、0.4ctダイヤネックレスにはお買い得な商品があるのです。

ご存知のようにダイヤネックレスはピンからキリまであり、選ぶ基準がわからないため、買うとなると実際どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

そこで元宝石商の私が、ダイヤネックレスの選ぶ基準をアドバイスさせていただきますので参考にして頂ければと思います。

このページでは、ネットで販売されている0.4カラットダイヤネックレスの相場を調べ、プレゼントに相応しい、しかもお安いダイヤネックレスをご紹介させていただきます。



ダイヤネックレスを選ぶ基準とは

ズバリ、輝きです。

ダイヤは輝きが命です。
輝いてこそダイヤといえます。

しかし私から見ると、輝きに期待できないダイヤネックレスがネットショップで多く販売されています。

そんなことがわかるの?

わかるんです。
一粒ダイヤの場合、実物を見なくてもダイヤのスペックである4Cを見ればそれがわかります。

ネットでダイヤモンドを買うのは怖い!

そう思われますが、それはダイヤに対する知識がないからです。

知識があれば、ネットでも十分輝くダイヤを見つけられます。

結論的に申し上げますと、クラリティがSI2以上、カットがGood以上あればそのダイヤは輝くといえます。

つまり、クラリティSI2以上、カットGood以上のダイヤネックレスを見つければいいのです。

まずはそのクラリティとカットについての詳細をご説明します。

クラリティとは

まず、ダイヤに詳しくない方のためにダイヤのスペックである4Cについて説明します。

4Cとは、カラット(重さ)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(研磨・プロポーション)の頭文字をとってそう呼びます。

この4つの評価によってダイヤの価値が決まるわけですが、その中のクラリティ(透明度)とカット(研磨・プロポーション)が輝くうえで重要なカギとなります。

まずクラリティはダイヤの透明度を表し、透き通ったダイヤほど光の透過がスムーズに行われ、よく輝きます。

ダイヤは天然鉱物ゆえ、必ずインクルージョン(内包物)が存在します。
このインクルージョンの多い少ない、あるいは存在する位置によってダイヤの透明度が変わってきます。

クラリティはそれを評価したものです。

クラリティSIとは、肉眼でインクルージョンの発見が困難な時につけられる評価で、光の透過にそれほど支障をきたさない程度なのです。

しかしその下のIクラスになると、肉眼でインクルージョンが容易に発見できるほど大きいため、光の透過を妨害するのです。

言葉だけの説明ではわかりにくいと思いますので、実際に比較画像を見てみましょう。

左がSIクラス、右がIクラスのダイヤです。
明らかに透明度の違いが見て取れるでしょう。

このようにダイヤが輝くためには、どうしてもクラリティSI2以上必要なわけです。

次に、カットについてお話ししましょう。

カットとは

ダイヤの原石はすりガラスのように濁っています。
しかし人間が加えるカット技術によってあのように輝くのです。

しかしカットの出来如何によってそのダイヤはよく輝いたり、そうでなかったりします。

ダイヤの輝きはダイヤ内の光の反射によって起こりますが、Excellentカットされたダイヤに光が入射しますと光は漏れることなくダイヤ内で反射され、再びダイヤ外へ放射されます。

これを全反射といいます。(下イラスト左参照)

しかしダイヤのカットが深すぎたり浅すぎたりしますと、光は全反射せずダイヤ底部より漏れてしまい、輝きが劣ることになるのです。

これが、カットの出来如何による輝きの違いです。

ダイヤが輝くためには、Excellentカットあれば申し分ないのですが、Goodカットされたダイヤでも十分輝くといえます。

よって、Good以上のカットであればそのダイヤは輝くといえます。

あまり輝かないダイヤネックレスはいくらで販売されているか?

あまり輝かないダイヤネックレスとは、クラリティSI2未満、カットGood未満のものです。

つまり、クラリティがIクラスのダイヤで、カットがFairかPoorのものです。

こういったダイヤネックレスは、いくらで販売されているのでしょうか?

商品の中には、クラリティやカットの評価を表示していないものもあります。
これは、表記できるほどのダイヤではないことを表しています。

これらの商品も、輝きに期待できないダイヤネックレスに属します。

では、あまり輝かない0.4ctダイヤネックレスを見てみましょう。

輝きに期待できない0.4ctダイヤネックレスの相場

以下の商品は楽天ショップよりチョイスした0.4ctダイヤネックレスです。

安いものから順に選びましたが、価格帯は30,000円~35,000円といったところです。
しかし同じ商品であってもショップによって値段の違いがあるのです。

同じ商品でも価格はまちまち

上記の0.4ctダイヤネックレスは安い価格のものからチョイスしたものです。

しかし同じ商品であっても価格はまちまちで、高く売っている楽天ショップもあります。
それを以下にお示します。

このように同じ商品であっても価格が1万円以上も差があるのが実情です。

これらをすべて総括し、あえて相場的にいえば、3万円~4万円台といったところでしょうか。

輝きに期待できない0.4ctダイヤネックレスは、この価格帯で販売されています。

輝くダイヤネックレスはいくらで販売されているか?

では、クラリティSI2以上、カットGood以上のダイヤネックレスはいくらで販売されているのでしょうか。

見てみましょう。

輝きに期待できる0.4ctダイヤネックレス

以下の0.4ctダイヤネックレスのダイヤスペックは、推定鑑定です。
第三者機関が発行する鑑定書が付いているわけではありません。

しかしこれ以下の商品はすべて第三者機関が発行する「鑑定書」が添付されています。

ダイヤネックレス購入で注意すべき点は、第三者機関が発行する鑑定書が付いているかどうかです。

ショップが発行するものと第三者機関が発行するものとは、明らかに客観性が異なるため、ダイヤの品質保証の面で安心なのは言うまでもなく、第三者機関が発行する鑑定書が添付されたものです。

輝きに期待できる0.4ctダイヤネックレスの相場は、以上のことから7万~12万円くらいですね。

この中でおすすめなのが、2番目の76,780円(税・送料込)のダイヤネックレスです。

その理由は、鑑定書付で相場の中では一番安い商品だからです。

ダイヤの賢い買い方は、ダイヤグレード(カラット・カラー・クラリティ・カット)が同じならば、安い方を選ぶことです。

76,780円のダイヤネックレスは、他のものに比べて格段に安く、買って絶対後悔しない商品です。

まとめ

ダイヤが輝くうえでクラリティとカットが重要であると申し上げました。

しかしカラーについては敢えて取り上げませんでした。

なぜなら、カラーはダイヤの輝きには全く関係せず、カラーの魅力を引き出すのはダイヤの輝きがあってのことです。

いくらカラーが無色のDカラーであっても、輝かないダイヤではその魅力を発揮できないのです。

もし無色のダイヤをお望みなら、最後のに紹介した118,000円のネックレスがおすすめといえます。

このページが少しでもお役に立てたら光栄です。

最後までお読み頂き、真に有難うございました。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク