安物と安いダイヤネックレスとの違いと選び方



彼女や奥様にプレゼントとして人気のダイヤネックレス。

できるだけ安く、そしていいものを買おうとネットで探すのはわかるのですが、安物と安いダイヤネックレスでは明らかに内容が異なります。

安物とは、値段も安いけれど品質も悪い。
いわば安かろう悪かろうのダイヤネックレスです。

しかし安いダイヤネックレスは、値段は安いのだけれども品質は上々。
他の同品質の商品と比べて、値段が安いダイヤネックレスですね。

ここの点をはき違えて探すと、安物のダイヤネックレスを掴むことになります。

品質を度外視して、値段が安いだけのダイヤネックレスならいくらでもあります。

大抵の人は、この値段だけを比較して一番安いものを買おうとします。
これが間違いの元です。

選ぶ基準を明確にして、その中で一番安いものを買うのがダイヤネックレスの選び方です。

では選ぶ基準をどこに置けばいいのでしょうか。

それはダイヤの輝きです。

ダイヤは輝きが命です。
輝いてこそダイヤといえます。

ダイヤが輝くことを基準に選別し、その中から一番安いものを選ぶのが一番の選択方法です。



ダイヤが輝くためには

ネットでダイヤネックレスを購入するとき、たいていの人はカラット数と価格を比較対象にします。同じカラット数で一番安いものを買おうとしますね。

しかしそれだけでは安物のダイヤネックレスを買うことになります。

カラット数のほかに、ダイヤが輝くための条件も対象にしなくてはいけません。

そうすることによって選択対象が絞り込まれ、安くていいダイヤネックレスを買うことができるのです。

ではダイヤが輝くための条件とはないんでしょう。

それは、クラリティとカットが重要な要素になってきます。

クラリティとは

ダイヤの価値を測る指標として4Cがあります。

カラット(重さ)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(研磨・プロポーション)の頭文字をとってそう呼びます。

この中のクラリティとはダイヤの透明度を表す指標で、透明度の高いダイヤほど輝きます。

ダイヤは天然鉱物ゆえ、必ずインクルージョン(内包物)が存在します。

このインクルージョンが多いダイヤは透明度が低くなり輝きが劣るわけですが、このインクルージョンの多い少ないのグレードを表したのがクラリティなのです。

クラリティは11段階にランク付けされます。

インクルージョンの全くないFL(フローレス)を最高とし、インクルージョンの量が増えるにしたがい、IF、VVS1、VVS2、VS1というふうにランク付けされるわけです。

ではダイヤが輝くためにはクラリティはどのランク以上のものがいいかというと、「SIクラス」以上のダイヤなら輝くといえます。

SIクラスというのは表でもおわかりのように、肉眼で発見が困難なほどインクルージョンが微小なため、光の透過にそれほど影響を与えることはありません。

しかしその下の「Iクラス」になると、肉眼での発見が容易なほどインクルージョンが大きいため、光の透過を邪魔し輝きを著しく落としてしまうのです。

言葉だけの説明ではわかりにくいと思いますので、実際に比較画像を見てみましょう。

左がSIクラス、右がIクラスのダイヤです。
明らかに透明度が違うでしょう。

このように、輝くダイヤを見つけるためにはクラリティがSIクラス以上のものにする必要があるのです。

カットとは

採掘されたダイヤの原石は、一見スリガラスのようです。

それが人間の手によってあのような素晴らしい輝きを放つ石になるのです。

そしてその方法が、ラウンドブリリアントカットというカット法です。

しかしラウンドブリリアントカットすれば何でも輝くというものではありません。

カットの良し悪しによって輝いたりそうでなかったりするのです。

Excellentカットされたダイヤに光が入射すると、光はダイヤ内で漏れることなく反射され、再びダイヤ外へ放射されます。これを全反射といいます。(下イラスト左参照)

しかしダイヤのカットが深すぎたり浅すぎたりすると、光は全反射せずダイヤ底部より漏れてしまい輝きが劣ることになるのです。

これがカットの良し悪しによる輝きの違いです。

ダイヤ内の光が全反射するためには、その理想となるプロポーションが存在し、それが以下の比率で構成されています。

ダイヤは、この構成比率に近くて研磨状態が良好なものから、Excellent、VeryGood、Good、Fair、Poorとランク付けされます。

ではダイヤが輝くためにはカットはどのランク以上のものがいいかというと、「Good」以上のダイヤなら輝くといえます。

FairやPoorカットのダイヤはプロポーションに問題があり、輝くとは言えません。

よって輝くダイヤを見つけるためには、カットがGood以上のものにする必要があるのです。

ダイヤが美しくあるためには

輝くダイヤの見分け方は理解できたと思います。

しかし輝くだけでなく、そこにプラス美しさも加えたいと望むなら、カラーも選択基準の要素に加えなければなりません。

カラーはダイヤの色を表す指標で、無色のダイヤほど高くランク付けされます。

最近では、Very Light Yellowとかブラウンダイヤなどが販売されていますが、要は色のついたダイヤのことであり、価値的に見れば無色のダイヤより劣っていることになります。

ダイヤはやはり無色の方が美しく、美しく輝くダイヤを望むならカラーにもこだわりたいものです。

プリズム効果を発揮する無色のダイヤ

太陽光を含む白色光はプリズムを通せば赤、橙、黄、緑、青、藍、紫と七色に分かれます。

これは色それぞれの波長が異なるため、屈折によって光が分散されるためです。

この現象がダイヤ内でも起こります。

ダイヤ内に光が入射すると、光の中にある波長の異なる色が屈折によって分散されます。

上質のダイヤモンドを覗き込むと、いろいろな色の光線が発見できます。
これはダイヤ内でプリズム効果がなされているからです。

無色のダイヤに光が入射すると、反射した光は変色されることなくありのままの光線を放ちます。

しかし色のついたダイヤモンドの場合、ダイヤのカラーの影響を受けてしまい、光線を変色させるのです。

これがダイヤの美しさに影響します。
ダイヤに美しさを求めるなら無色の方が望ましく、色のついたものは避けた方が無難です。

ではダイヤが美しく輝くためには、カラーがどのランクのものがいいかというと「H」以上のものが望ましいといえます。

同じ「ほとんど無色」に属しているG、H、I、Jですが、IとJはその下の「わずかな黄色」のランクに近いこともあり、やはり幾分黄色く見えます。

プリズム効果にさほどの影響を与えないのは「Hカラー」以上のダイヤといえ、美しいダイヤを求めるならこれ以上のものを選ぶ必要があります。

選んでみよう!安くて輝くダイヤネックレス

では実際に、上記の条件を満たしたダイヤネックレスを選んでいきましょう。

すべて楽天市場でピックアップした商品で、安いものから順に紹介していきます。

0.1ctダイヤネックレス

0.2ctダイヤネックレス

0.3ctダイヤネックレス

0.4ctダイヤネックレス

0.5ctダイヤネックレス

0.7ctダイヤネックレス

1ctダイヤネックレス

まとめ

安物と安いダイヤネックレスとの違い、そしてその選び方を解説しました。

そして最後に、Hカラー以上で、クラリティSI2以上、カットGood以上という同じ条件のもと、ダイヤネックレスをカラット数ごとに安い順に紹介させていただきました。

すべて元宝石商の私が吟味して選んだものです。
安かろう悪かろうのダイヤネックレスはひとつもなく、買って後悔することはないでしょう。

なお、安心を購入するという意味で鑑定書付きのものがさらにおすすめです。

このページが少しでもお役に立てたら光栄です。
最後までお読み頂き、真に有難うございました。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク