ラグマット一覧

ラグにおすすめの掃除機 ウェット&ドライハンディークリーナー

ラグにジュースなどの飲み物をこぼしてもこの掃除機なら安心!なんせ濡れたゴミを一緒に吸い込んでも大丈夫なウェット&ドライハンディークリーナーだから。まさにラグの掃除機にピッタリのアイテムといえます。ラグ用だけに限らず、ガーデニング周辺や洗面台周辺の掃除にも役立つ掃除機です。

ラグマット楕円形のおしゃれな使い方

楕円形のラグマットには、その形から様々なレイアウト法があります。フローリングを海に例えたら、楕円形ラグはそこに浮かぶ島、ソファーや椅子はその島に停泊する船といったところ。そういったおしゃれな描写を楕円形ラグがお部屋に実現します。楕円形ラグマットのおしゃれな使い方を解説します。

1畳ラグマットの使い方

1畳ラグマット(92×185cm)は、まさにワンルームマンションにはピッタリのサイズで、敷き方によってはお部屋をおしゃれに演出することができます。そればかりか、お部屋にもう一つの憩いの場を作れるのも1畳ラグのメリットのひとつ。おしゃれに演出する1畳ラグの使い方を解説します。

3畳ラグマットの使い方

200×250cmの3畳ラグマットは、比較的大きなラグマットといえます。6畳間においては半分を占め、8畳間においては約4割を占めるほどの大きさです。しかし6畳間、8畳間であっても、工夫次第でワンポイントアクセントというラグの役割を果たせるような使い方をご紹介させていただきます。

ラグマット2畳の選び方と上手な使い方

2畳のラグマットの選び方と上手な使い方を解説します。お部屋にワンポイントのアクセントを与えるラグには、カーペットと違った味わいがあり、使い方ひとつでお部屋をおしゃれに演出できます。2畳のラグはそんな演出ができる最適のサイズで、6畳間、8畳間、どちらの部屋に敷いてもラグの良さが引き出されるのです。

ダイニングでのラグの選び方

ダイニングでのラグ選びで重要なことは、サイズと清潔性です。椅子と床との摩擦による音とキズを防止するためにはどのサイズのラグがいいのかを解説し、そして洗えるラグこそがダイニングのラグに相応しく、その中でどんな洗えるラグを選べばいいのかを解説します。

スポンサーリンク